Image of Hauptharmonie

Hauptharmonie - Hauptharmonie

仲睦まじく行儀良く、音楽に遊ぶアイドルグループ『Hauptharmonie(ハウプトハルモニー)』。maj7を多用したファーストシングル、オーセンティックなSKAを大胆にフィーチャーしたセカンドシングルそれだけでは収まりきらない多様な音楽性を詰め込んだ「戦争を知らないアイドルロック」急先鋒のファーストアルバム。アイドル(本人)というキャラクターを通すことの一貫性・説得力で染め上げたこのパッチワークはさながら晴天のロックフェスのよう!千変万化、祝祭のフランチャイズを堪能あれ。

1. Freut mich! Wir sind Hauptharmonie.
2. 映ゆ
3. (the garden was alive with) all sorts of flowers
4. Tempting 10 Attempts of Temperance
5. ナイトプロポーズ
6. Ictus of Sun
7. My Tiny Baby
8. 瞬きのsummer end
9. ボウ
10. オブスキュアから愛を数えて
11. Calmmaze
12. ニコラウス・クノップ・プラッツ
13. ディスカバリー・クタイシ
14. Caterwaul
15. HER HERB’S HARVEST
16. Love likes a mille-feuille

Image of GWAVE 2014 2nd Favorite

V.A. - GWAVE 2014 2nd Favorite

榊原ゆい、Rita、霜月はるか、真理絵、nao、Ceui、KAKO♪、星咲イリア、Duca、はな、大島はるな、marina、AiRI、solfa – GWAVE 2014 2nd Favorite

GWAVEの 2014年下半期・注目の美少女ゲーム主題歌集!今回も数々の楽曲の中から選りすぐりの16曲を収録。

収録曲
01. BLADE LINKAGE / (ALICESOFT『武想少女隊ぶれいど☆ブライダーズ』)
歌 : 榊原ゆい

02. Blue on Blue / (ALcot ハニカム『サツコイ~悠久なる恋の歌~』)
歌 : Rita

03. 箱庭ロジック / (Cabbit『箱庭ロジック』)
歌 : 霜月はるか

04. Bum-out! / (チュアブルソフト『残念な俺達の青春事情。』)
歌 : KOTOKO

05. Cold sleep / (TinkerBell『淫妖蟲 凶~凌触病棟退魔録~』)
歌 : 真理絵

06. hallucinate / (Dual Tail『VenusBlood -HYPNO-』)
歌 : nao

07. 星織ユメミライ / (tone work’s『星織ユメミライ』)
歌 : Ceui

08. if / (Noesis『雨恋』)
歌 : KAKO♪

09. Promising Observation / (ぱじゃまソフト『プリズム・プリンセス ~ふたりの姫騎士と股間の紋章~』)
歌 : 榊原ゆい

10. Private sky / (PULLTOP『この大空に、翼をひろげて SNOW PRESENTS』)
歌 : 星咲イリア

11. シアワセsummer / (PULLTOP LATTE『彼女と俺と、恋するリゾート ~彼女と俺と恋人と。&恋する夏のラストリゾートWファンディスク~』)
歌 : Duca

12. MAJICK / (フロントウイング『アイドル魔法少女 ちるちる☆みちる』)
歌 : はな

13. ヤキモチ☆ストリーム / (まどそふと『ヤキモチストリーム』)
歌 : 大島はるな

14. primal / (ま~まれぇど『PRIMAL×HEARTS』)
歌 : solfa feat.Ceui

15. 終わらない物語 / (Lass『迷える2人とセカイのすべて』)
歌 : marina

16. Wonderful! Wonderful! / (Whirlpool『G.I.B. ガールズ・イン・ブラック』)
歌 : AiRI

Image of EDM Extreme

V.A. - EDM Extreme

進化するEDMの極限へ。

音楽ゲームで有名な超人気クリエイター達が集結。
“Japanese EDM”をアツく盛り上げる!

「Ryu☆」「kors k」「かめりあ」「REDALiCE」をはじめ、
超人気クリエイターの書き下ろし楽曲を多数収録。

Art Design:TOHRU MiTSUHASHi

【トラックリスト】
01. End of End / Ryu☆
02. Scat / kors k
03. Snap Back / DJ Genki
04. Dominion / REDALiCE
05. The Night Away (MK Remix) / Starving Trancer feat. Mayumi Morinaga
06. retro future / P*Light
07. Multiplex / USAO
08. Guitarman / Hommarju
09. Raise It Loud / DJ Noriken
10. 東雲 feat. Xceon / MK
11. love the way feat. Kanae Asaba / Polyphonix
12. イーディーエム・ジャンパーズ / かめりあ feat. ななひら

[発売元]エグジットチューンズ

(C)EXIT TUNES

Image of CAN’T WAIT TO LOVE YOU

BEAST - CAN’T WAIT TO LOVE YOU

韓国出身の6人組男性アイドル・グループBEASTが、レーベル“BEAST MUSIC”を立ち上げ、約6カ月ぶりとなるシングルをリリース。

1. CAN’T WAIT TO LOVE YOU
2. HANDS UP

Image of CUTE

TOWA TEI - CUTE

音楽が一番キュート。『LUCKY』(2013年作)に続く、テイ・トウワ通算8枚目のアルバム。

曲目リスト
1. まぐれ
2. トップノート
3. ラブ・パンデミック
4. ニュース・オン・テレビジョン
5. 天国
6. サウンド・オブ・ミュージック
7. トライ・アゲイン
8. 袋小路
9. 新自転車
10. 長椅子

参加アーティスト:細野晴臣、METAFIVE、Atom™ 、NOKKO、UA、水原佑果 ほか
ジャケットデザイン:五木田智央

CUTE TOWA TEIからラブパンMV完成!
CAVIAR製作、水原佑果高橋幸宏細野晴臣小山田圭吾¬LEO今井とのテイ・トウワ流グループサウンズで夏を乗りケロ!

アーティストプロフィール (2015年5月29日現在)
TOWA TEI / テイ・トウワ
94年『Future Listening!』でソロ・デビュー。その後、98年『SOUND MUSEUM』、99年『SWEETS ROBOT AGAINST THE MACHINE』、
99年『LAST CENTURY MODERN』をリリース。
2002年にはSWEETS ROBOT AGAINST THE MACHINE 名義で『TOWA TEI』をリリース。
軽井沢への移転を機に創作活動は更に活発化し、05年『FLASH』、09年『BIG FUN』
11年『SUNNY』13年『LUCKY』とコンスタントに作品をリリースする。オリジナル作品以外でも楽曲制作、プロデュース等数多く手がけ、07年に松本人志監督の映画『大日本人』のサウンドトラックを担当。
また、音楽制作の傍らで作り続けたアートコラージュ作品を集めた展覧会 『ecollage』展を 12年に東京と京都で開催。
ソロ活動20周年となる14年は『94-14 REMIX』『94-14COVERS』
『94-14』を20周年企画として、リマスタリング3部作リリース。2015年、7月29日、ニュー・アルバム『CUTE』発売。

http://www.towatei.com
http://www.machbeat.com/
https://www.facebook.com/MACH.TOWATEI

Image of 景色

沖ちづる - 景色

Chizuru Oki – Keshiki

19歳のシンガーソングライター沖ちづる待望の新作ミニアルバムリリース!

2015年2月25日に1st single「光」を初の全国流通盤でリリースした、新人女性シンガーソングライター沖ちづるの、バリエーション豊かな新曲5曲入り1st Mini Album「景色」が早くも完成!

さらにこの作品に付属するDVDのみでしか見ることができない「むこうみずチャンネル」シリーズの第2弾として、沖ちづるの姉、沖ひかるが監督し、沖ちづるが劇中で2役を演じて話題を呼んだ1st single「光」のミュージックビデオの8分にも及ぶ完全版と、2014年9月5日にライブ会場限定発売でリリースされた、1st mini album「はなれてごらん」(CDRフォーマット)のリリースツアーファイナルワンマン公演となる、2015年1月18日の渋谷7th FLOORで行われた昼夜2公演より、昼の部のバンド編成ライブ、夜の部の弾き語りライブからそれぞれ2曲をオフショットとともに収録。

1. 景色
2. 小さな丘
3. わるぐちなんて
4. 広島
5. 街の灯かり

Image of オルゴール J-POP HIT VOL-396

オルゴールサウンド J-POP - オルゴール J-POP HIT VOL-396

Orgel Sound J-Pop – Orgel J-Pop Hit Songs Vol. 396

I’m in Love (GLAY)、恋のフーガ (ザ・ピーナッツ)、LOVE YOU ONLY (TOKIO) 、限界LOVERS (SHOW-YA)、プット・ユア・ハンド・イン・ザ・ハンド ~Put Your Hand in the Hand~ (オーシャン)、 ブラック・ナイト ~Black Night~ (ディープ・パープル)、冬の部屋 ~In The Winter~ (ジャニス・イアン)、ネバー・エンディング・ストーリー ~The Neverending Story~ (リマール) 等ヒット曲満載です。

1. I’m in Love Originally Performed By GLAY (オルゴール)
2. 恋のフーガ Originally Performed By ザ・ピーナッツ (オルゴール)
3. LOVE YOU ONLY Originally Performed By TOKIO (オルゴール)
4. 限界LOVERS Originally Performed By SHOW-YA (オルゴール)
5. プット・ユア・ハンド・イン・ザ・ハンド ~Put Your Hand in the Hand~ Originally Performed By オーシャン (オルゴール)
6. ブラック・ナイト ~Black Night~ Originally Performed By ディープ・パープル (オルゴール)
7. 冬の部屋 ~In The Winter~ Originally Performed By ジャニス・イアン (オルゴール)
8. ネバー・エンディング・ストーリー ~The Neverending Story~ Originally Performed By リマール (オルゴール)

Image of 演劇女子部 ミュージカル「TRIANGLE -トライアングル-」オリジナルサウンドトラック

モーニング娘。’15 - 演劇女子部 ミュージカル「TRIANGLE -トライアングル-」オリジナルサウンドトラック

Morning Musume. ’15 – Engeki Joshi-bu Musical TRIANGLE Original Soundtrack

2015年6月に池袋サンシャイン劇場にて上演されたミュージカル『演劇女子部 ミュージカル「TRIANGLE -トライアングル-」』。オリジナル劇中歌6曲を収録したオリジナルサウンドトラックの発売決定!

『演劇女子部 ミュージカル「TRIANGLE -トライアングル-」』生きる者のココロを癒し、争いを忘れさせるという惑星アルファ。ある日、「天のお告げ」により、王の娘サクラの婚約の儀が執り行われることに。だがサクラは相手の名前を教えてもらえない。サクラ姫。サクラの幼なじみのアサダ。戦の星からやってきたキリ中尉。三人の想いが複雑に絡み合って膨らむなか、ついに、運命の日を迎える。

少女マンガ界の巨匠 くらもちふさこ作品『α- アルファ- 』を原案とし、その短篇から選ばれたSFファンタジーの初舞台化!サクラ姫のココロで紡がれる『α』、アサダのココロで紐解く『β』。視点や主役を変えた二つの物語。「触れればココロが、あふれだす。」モーニング娘。’15の選抜メンバーが、言葉にできない秘めた想いを熱く切なく歌いあげるトライアングルな物語。

1. トライアングル アルファ (アルファ星の民)
2. サクラの恋 (サクラ、アサダ)
3. うらやましがりやのダイス (ダイス、ジョンベル)
4. ローズウッドの告白 (ローズウッド、サクラ)
5. 触れればココロがあふれだす (キリ)
6. 手をはなさない (アサダ、ローズウッド)

Image of Pathfinder

福永達哉 - Pathfinder

Tatsuya Fukunaga – Pathfinder

福岡で活動するソロミュージシャン、福永達哉の活動20周年を記念した1stミニアルバム。Idlewild,Interpol,Morrissey等に影響を受けて作られた本作は「進む線」の軽快なポップネスを筆頭に福永が何故20年間メロディーに強く拘り、宅録を続けてきたのか、それが良く理解できる作品に仕上がっている。ヘルマン・ヘッセ、トーマス・マン等に影響を受けた歌詞の世界、独特な音楽性、そしてどの曲をシングルカットしてもおかしくないメロディー、全く無銘のミュージシャンが音楽活動20年目にリリースする今作は日本のインディーズ史に残る孤高の1枚と言っても過言ではないだろう。

1. This Meaningless is
2. 進む線
3. アルス・モリエンディ
4. サルヴィア
5. ブロブディングナック+リリパット
6. 太陽樹
7. Clear Someday

Image of A Change Is Gonna Come EP

THE SENSATIONS - A Change Is Gonna Come EP

Tokyo Northarn Ultar Trash Soul All Stars。THE SENSATIONS、遂にI HATE SMOKE TAPESに降臨。
そして輝く超ウルトラソウル。

SEVENTEEN AGAiN、TROPICAL GORILLA、RUDE BONES、LACK OF SENSE、A PAGE OF PUNKでも活躍するメンバー等によるTHE SENSATIONS!! これまでに2枚のアルバムをリリースしメロディックパンク~スカパンク~ハードコアシーンなど垣根を越えて縦横無尽に暴れまくる彼ら!! ’15年新作はI HATE SMOKE RECORDS内のカセットテープ専門レーベルI HATE SMOKE TAPESより5曲入りカセットEPリリース!! 「モータウン、ノーザンソウルなどの60′sフレーバーをPUNKのテンションで吐き出す」をモットーに活動を続ける彼ら!! 50′s~60′sのオールディーズサウンドを基盤にパンク、スカ、ハードコアで撹拌させたTotal Fun&Popnessな全5曲!!

1. I DON’T BELIEVE IN YOU
2. I CAN’T STAND IT
3. LOVE ME
4. WATCH OUT!
5. JOURNEY TO THE OWN WAY

Image of my demo

STARVINGMAN - my demo

ex-SORRY FOR A FROGのMar-T氏を中心に結成されたニューパンクバンド!! I HATE SMOKE内カセット専門レーベルI HATE SMOKE TAPESより初音源となるデモカセットEPをリリース!!

持ち味である煌めくポップなメロディー、90′sジャパニーズメロディックを継承するベラボウなキャッチーさと痛快で怒れる歌詞が交わり、グイグイ疾走感ありつつ泥臭さも兼ね備えたサウンド!!
勢いと極上のフック、パンクアティチュードに満ちた全7曲!!

1. Train Train Train Train
2. Counter
3. She
4. Yeah Yeah
5. Make Me Laugh
6. Be Clean Be Green
7. Amata No Uta

Image of 光と影 -DELIVERY EDITION

Shady - 光と影 -DELIVERY EDITION

Shady – Hikari To Kage (Delivery Edition)

大阪のレゲエ・グループ、Taking OVER crewの一員であるSHADY、初となるソロ・アルバム。地元愛や現代社会の問題、クラブなどでの日常などをテーマに綴った歌詞を、メロディアスなリディムの上で、柔らかめのシングジェイ・スタイルが人気。iTunes Store Reggae Single Chart 1位を獲得し、代表曲となったデジタルシングル「HERO」には今作、弁慶 from ANADDA REBELのサックスプレイをフィーチャーしたALBUM Ver.が収録されている。また、Taking OVER crewの先輩であるAPOLLO, THUNDERをフィーチャーしたUNDER GROUNDの厳しい中でもREALを見つめ光を求め続け、期待と不安に苛まれながらもそれを背負い、REGGAEに対する熱い気持ちやそれぞれの個性がきっちりとでていて正に光と影を表現した1曲は必聴。今までのSHADYが積み重ねてきたものを詰め込んだ一枚。

1. Chill Spot
2. Follow Mi
3. 小悪魔
4. skit -不摂生 (feat. じゅにあ de kohey)
5. 光と影 (feat. APOLLO & THUNDER)
6. HERO (feat. 弁慶 from ANADDA REBEL) (ALBUM VERSION)
7. LIVE IT UP
8. いま思えば…これでよかった

Image of パーティ☆キング

C&K - パーティ☆キング

C&K – Party King

C&Kが7月1日にニューシングル「パーティ☆キング」をリリース。この作品の表題曲のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

MVにはゲストとして元サッカー日本代表の前園真聖が出演した。MVはC&Kがクラブで前園を“悪ノリの世界”に誘惑するという内容。黒服にサングラス姿のC&Kの2人が、禁酒中の前園にお酒をすすめるなど“悪ノリ”を仕掛け、前園がどう振る舞うかがストーリー仕立てで描かれる。

音楽ナタリーではこのMVの撮影現場に密着した。前園が撮影に合流すると、パーティシーンの収録からスタート。派手に着飾った“パーティピープル”に囲まれた前園とC&Kの2人は談笑しながら本番を待つ。カメラが回り「パーティ☆キング」が大音量で鳴らされると、3人は狂騒の中心でリズムに乗り、ダイナミックに体を揺らした。2体の操り人形をコントロールしながら激しく踊るCLIEVYの姿に、前園が思わず笑みを漏らす場面も。このシーンの撮影はテイクを重ねるごとにヒートアップし、参加者は全員で大いに盛り上がっていた。

続いて行われたのはバーカウンターでC&Kが前園にアルコールを勧めるシーン。カウンターの真ん中に座った前園は、監督の演技指導に真剣に耳を傾ける。3人はそれぞれ表情豊かにこのシーンを演じてみせ、撮影はスムーズに進行した。前園はその後建物の外でタクシーに乗り込むシーンに臨み、撮影を終える。前園に感謝の花束を渡したC&Kは「今度は僕らのパーティ(ライブ)にぜひ来てください」と伝え、前園はこれを「ぜひ!」と快諾。最後にMVを観るファンへ向け「これから夏に向けて、パーティシーンなど多くなると思うのですが、くれぐれもお酒の飲みすぎには気を付けて、楽しんでください」とメッセージを送った。

また、このMVにはC&Kのファンがエキストラとして参加した。撮影終了後、CLIEVYは参加したファンへ向け「これからもC&Kは皆さまのご期待以上のものを作っていけるようにまい進していきます!」と宣言する。KEENは「皆さんがいなかったら僕らは何もできません。今日も約束を守ってここへ来てくれたことが、スペシャルな愛です!」と感謝した。最後に2人は出口の前へ立ち、1人ひとりと握手を交わしながらファンを見送っていた。

1. パーティ☆キング
2. Dalala
3. CKTV
4. パーティ☆キング (inst.)

Image of Never ever

東京女子流 - Never ever

TOKYO GIRLS’ STYLE – Never ever

東京女子流が6月24日にリリースするニューシングル「Never ever」のティザー映像と、新衣装をまとった最新のアーティスト写真が公開された。

新曲「Never ever」は現在放送中のテレビアニメ「FAIRY TAIL」のエンディングテーマ。今作に合わせた最新ビジュアルでは5人が赤い衣装に身を包み、これまでのイメージとは一味違うアダルトなムードを漂わせている。またメンバーはTwitterを通じて「これから先6周年、10周年を迎えるにあたっての私達の決意、意志を込めて赤にすることにしました」と、これまでピンクに統一していたペンライトのグループカラーが赤に変更されることを伝えている。

シングルには「Never ever」オリジナルミックスが2曲目に収められており、1曲目にはエレクトロなダンスサウンドに変化した「Never ever(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)」を収録。ミュージックビデオにもこのリミックスバージョンが使用されており、ティザー映像ではMVの一部を、メンバーのInstagram公式アカウントでは15秒のソロダンス映像を観ることができる。東京女子流のYouTube公式チャンネルではティザー映像に続き、MVではすべて追えないダンスシーンを収めた“ダンス&リリック”ビデオが近日公開される予定だ。

CDリリースに先がけ6月12日に発売される7inchアナログ盤「Never ever REMIX」には「Never ever(TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)」と、東京女子流のサウンドプロデューサー松井寛がDJ KO KIMURA、KAZUAKI NOGUCHIとともに制作したダブミックス「Never ever(Royal Mirrorball vs MODEWARP Dub mix)」が収録される。

1. Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)
2. Never ever (Original mix)
3. Never ever (Royal Mirrorball vs MODEWARP Main mix)
4. Never ever (Royal Mirrorball vs MODEWARP Dub mix)
5. Never ever (TJO & YUSUKE from BLU-SWING Remix)(Instrumental)
6. Never ever (Original mix)(Instrumental)

Image of 恋のスパイス

黒沢秀樹 - 恋のスパイス

Hideki Kurosawa – Koi no Spice

黒沢秀樹(uncle-jam、クロソワン)のニューアルバム「colorations」が7月1日に発売される。

2012年よりソロでのアコースティックライブを展開してきた黒沢。彼は東京・風知空知における定期ワンマンライブでは、公演のたびに新曲を発表している。今回のアルバムにはライブでの発表後に配信リリースしてきた10曲に、2003年に発売されたコンピレーションアルバム「ようこそ夢街名曲堂へ!」収録の「WELCOME TO DREAMSVILLE」と、かもめ児童合唱団のために書き下ろした「焼いた魚の晩ごはん」のセルフカバーをボーナストラックとして加えた全12曲が収められている。

また黒沢はアルバム発売を記念したライブツアーを7~8月に計8公演実施する。

Image of 南のバラッド

NeoBallad - 南のバラッド

NeoBallad – Minami no Ballad

歓びも哀しみも、永い時の中に積み重ねながら受け継がれてきた民衆の唄。そんな歌たちに新たな命を吹き込むバラッド(=民謡)集・第一弾。

活動当初からライブでも人気を博してきた沖縄民謡『安里屋ユンタ』をはじめ、哀愁溢れる曲調と切ない“守り子”の心情が綴られた歌詞で全国的にも人気の高い 熊本民謡『五木の子守唄』、雄大な自然と日々の素朴な暮らしを愛おしむように歌い上げた宮崎民謡の『刈干切唄』の傑作バラード集。

1. 安里屋ユンタ
2. 五木の子守唄
3. 刈干切唄

Image of Story

Abyss - Story

Abyss – Story

MAJESTIC RECORDS所属して以降初となるDJ TOSHIによるアーティストプロジェクトABYSSのニューシングルシングル”STROY”がリリース!!オリジナルトラック2曲にレーベルメイトであるASTRONOMICALとの初コラボレーショントラックを収録!!2015年進化したABYSS SOUNDを体感せよ。

1. Explosion
2. One Shot One Kill
3. Survivors feat.Astronomical

Image of ヴァニタスの円舞曲

AKIRA - ヴァニタスの円舞曲

AKIRA – Waltz no Enbukyoku

国内外を問わず絶大な人気を誇るAKIRAのニューシングル完成!

1. ヴァニタスの円舞曲
2. Share with you

Image of The Best of “I AM GILLE.”~Amazing J-POP Covers~

GILLE - The Best of “I AM GILLE.”~Amazing J-POP Covers~

GILLEが6月10日にベストアルバム「THE BEST of “I AM GILLE.” ~Amazing J-POP Covers~」をリリースする。

GILLEにとって初のベストアルバムとなる本作には、過去に4作がリリースされた彼女の英語詞カバーシリーズ「I AM GILLE.」からAKB48「フライングゲット」、斉藤和義「やさしくなりたい」のカバーなど15曲を収録。これに加えて、クマムシ「あったかいんだからぁ♪」の英語詞カバーが新録曲として収められる。

この「あったかいんだからぁ♪」のカバーには、ギタリストの押尾コータローが演奏で参加した。サビの「あったかいんだからぁ♪」は、その語感と意味をキープする英訳として「Hot & Kind with the love」という歌詞に。本日4月20日よりYouTubeではこの楽曲のティザー映像が公開されており、GILLEと押尾によるパフォーマンスを観ることができる。英語で表現されたGILLE流の「あったかいんだからぁ♪」が気になる人は、この映像をチェックしてみよう。

なお本作の初回限定盤には1月に東京・浜離宮朝日ホールで行われたGILLEのアコースティックライブから5曲の音源を収録したライブCDが特典として付属する。

1. あったかいんだからぁ♪ feat. 押尾コータロー
2. フライングゲット
3. 春夏秋冬
4. やさしくなりたい
5. タイム・トラベル
6. 行くぜっ!怪盗少女
7. 女々しくて
8. 100万回の「I love you」
9. さくら (独唱)
10. MONKEY MAGIC feat. ミッキー吉野 from ゴダイゴ
11. ひこうき雲
12. 恋におちて feat. 小林明子
13. 六本木心中
14. 林檎もぎれビーム! feat. 鈴木このみ
15. READY!!
16. 僕らの夏の夢

Image of ねぇ

結香 - ねぇ

Yuka – Ne

神すぎる歌姫、結香 5th.シングル ! 故郷を離れて頑張る人たちへの応援歌&故郷オマージュソング。表題曲は本人作詞で、故郷を離れ首都圏でそれぞれの道で頑張る人たちへの応援ソングであり、離れてわかる故郷への素直な気持ちが絶妙に表現された、故郷オマージュソングでもある。ピアノアレンジだけの素朴なサウンドだが構成がシンプルな分、歌詞に説得力があり、且つ歌のニュアンスや巧さを引き出している。なお同曲は秋田県大仙市の公式PR映像のテーマ曲に決定している。

1. ねぇ
2. Dear…
3. 宙の渚
4. ねぇ (off vocal)
5. Dear… (off vocal)

Image of 僕らの未来 / 青空のように

黒沢秀樹 - 僕らの未来 / 青空のように

Hideki Kurosawa – Bokurano Mirai / Aozora No Youni

2013年第一弾のニュー・ソング。春にふさわしい新しい未来への期待感溢れる、爽やか激ポップ・チューン!

「いつか、きっと、そのうちに、と思っていると、会えなくなってしまう人がいること、出来なくなってしまうことがあること。そしてミュージシャンである自分は作品を作って、演奏することでしか答えを出せないということ。そのことをしっかり胸に刻んで、新たな一歩を踏み出そうと思います。」と今年の始めにブログに書いたことを、形にすることが出来ました。作曲/プロデュース/ベースに根岸孝旨、ドラムスに岡井大二、キーボードに小泉信彦という「いつか、きっと、そのうちに」と思っていた日本屈指のミュージシャンとのセッションにより生まれた、想いの込もった1曲です。

1. 僕らの未来
2. 青空のように

Image of 僕だけのブルースカイ

一ノ瀬玲 - 僕だけのブルースカイ

Rei Ichinose – Blue Sky

一ノ瀬玲の第2弾となる新曲「僕だけのBlueSky」。山の上から見える紺碧の空にまだ見ぬ世界を映し出す少年。彼は今いるここではない遠くへ、そして強い自分になるために頂上を目指す・・・。楽曲制作には先回の作品「そこにキミがいた」と同様に、宮川昭夫(作曲)ときたの凛(作詞)のコンビを迎え、清々しくも力強いナンバーに仕上がっております。またカップリングとなる「ひこうき雲」は、ノスタルジックな旋律に、まるで夕景が心に浮かぶ作品。どこか懐かしく淡い想いを感じさせる世界観は、いつかのあなたときっと重なるはずです。

1. 僕だけのブルースカイ
2. ひこうき雲

Image of Splash !

ET-KING - Splash !

ET-KINGが活動再開をアナウンス。メンバー7人での未発表曲を含むアルバム「宴会歌集」を9月16日にリリースすること、新生ET-KINGとしてニューシングル「喝采」を10月21日にリリースすること、さらに本日7月1日(水)にFM OSAKA「LOVE FLAP」に生出演することを一斉に発表した。

2014年4月に大阪・フェスティバルホールで行われた全国ツアーファイナルをもって“充電期間”に入ったET-KING。その後それぞれがソロ活動を行う中、同年9月にメンバーTENNの急死という出来事があり、それを受け止められない時期もあったという。しかしこのたび、3年がかりでメンバー全員で作り上げたスタジオが完成し、新たな仲間とともにプロダクションを立ち上げ、6人で再始動する運びとなった。

「宴会歌集」は、ET-KINGのテーマ別アルバム「歌集シリーズ」のラストを飾る第4弾。過去に録音したすべての未発表曲と“宴会ソング”の名にふさわしい既存曲を集めたアルバムとなる。4曲の未発表曲と2曲の未CD化楽曲には、TENNの歌唱もすべて収録される。楽しいことやにぎやかな場所が大好きだったTENNの遺志も汲んだ、ET-KINGらしい盛り上がれる12曲が堪能できる。なお未発表曲の1つ「Splash!」は本日7月1日から先行配信およびMV公開が行われている。

また、充電期間を経てメンバー6名で制作したニューシングル「喝采」は、普段近くにいてくれる大切な人への讃美の気持ちが込められたナンバー。トラックおよびプロデュースはリーダーのイトキンが手がけた。カップリングの「TENNMADETODOKE」は、各メンバーが音楽と向き合い、その思いをメッセージにした曲に仕上がっている。

ET-KINGは本日13:00からFM OSAKAで放送される「LOVE FLAP」に全員で出演し、今後の抱負を語る。ファンは彼らの復帰第一声を楽しみにしておこう。

Image of Impromptu AUBE

近藤嶺 - Impromptu AUBE

Rei Kondoh – Impromptu AUBE

映像音楽を中心に活動を続ける作曲家、近藤嶺が、季節のうつろい、その瞬間のインスピレーションをテーマに作曲、公開したピアノ即興曲シリーズ「Impromptu」。彼が奏でる、365日、12の季節。雪の結晶はやがて穏やかな光に出会い、煌めきとともに季節は夜明けへと向かう。

Image of Love&Peace

Blue eyes - Love&Peace

世界中に大切な想いをロック調に乗せて届けていく男女のデュエットならではのハモリの心地よさに二人のハイトーンヴォイスも聴きどころです。

Image of Joy to The World

影山リサ - Joy to The World

Kageyama Risa – Joy to The World

メタリックな音を背景に、暖かなメロディが重なり合う「Joy to The World」。テクノを可愛く歌う、のどかな雰囲気が楽しい「Contrail」。聴き心地も抜群の、計算されたテクノポップ。

1. Joy to The World
2. Contrail

Image of ハナミズキ

一青窈 - ハナミズキ

Yo Hitoto – Hanamizuki

一青窈がカバーアルバム「ヒトトウタ」を7月22日にリリース予定であることが明らかになった。

本作は一青の代表曲としても広く愛されている「ハナミズキ」の初セルフカバーや、PRINCESS PRINCESS「ジュリアン」、大滝詠一「幸せな結末」、松田聖子「瑠璃色の地球」、MISIA「Everything」などのカバーを収録した10曲構成。「ハナミズキ」のレコーディングには、一青の母校である森村学園の合唱部の生徒がコーラスで参加しており、レコーディング風景を収めたリリックビデオが本日5月28日よりYouTubeにて公開されているほか、CDの発売に先駆けて6月24日より配信がスタートする。

またアルバムにはボーナストラックとして「ハナミズキ」の中国語および英語バージョンも収録予定。さらにアルバムの初回限定盤には、ツアー「TOUR 2014-2015 ~私重奏~」からのライブ映像を収めたDVDが付属する。

先日結婚および妊娠を発表した一青。人生の新たな門出を迎えた彼女の歌声を、「ヒトトウタ」を通して味わおう。

Image of Poison Apples

Rinaly - Poison Apples

Rinaly – Poison Apples will be available on Initial Impact(R135) July 1st 2015 [日本語/JAPANESE] Rinaly(リナリー) デビューシングル『Poison Apples』2015/7/1世界配信開始! 2014年に都内主要クラブでDJを開始する中でオリジナル楽曲の制作を続けていたR­inalyが満を持して

Image of WHO IS DON

KENTY GROSS - WHO IS DON

ダンスホールのDonは誰だ!俺にはどこの誰も敵わん良質なREGGA MUSICを湘南から発信するSteady MusicからKenty Grossのフロアをブンブンに揺らすブランニューチューンが登場!渋目のオケに乗せて、毎夜繰り広げられるDeejayとオーディエンスの攻防の様子。さて、今夜のフロアは誰がDONだ?

Image of WORD 4 WORLD

廣瀬義政 - WORD 4 WORLD

Yoshiyuki Hirose – Word 4 World

シンガーソングライター廣瀬義政が、4月3日にデビュー・ミニアルバム「WORD 4 WORLD」を発売する。

30歳目前で、それまで7年間勤めていた建設関連会社を脱サラ。悩めるアラサー世代の代弁者として、純度の高い伸びやかなボーカルと、経験からくる説得力のある歌詞、次世代型アコースティックサウンドに特徴のあるインディーロック、ポップスを奏でる。2011年からの2年間は、東北地方の震災復興事業に従事し、津波で流された橋梁などの架け替え工事などに携わっていた。

今作「WORD 4 WORLD」は、純度の高い伸びやかなボーカルを軸に、次世代型アコースティックバンドサウンドによる前半2曲と、廣瀬本来のエレガットギター弾き語りによる後半3曲を合わせた合計5曲から成る。

レコーディング・ミキシングエンジニアには、ペトロールズ、神聖かまってちゃん、踊ってばかりの国、ヨギーニューウェーブスなどを手がけたhmc 下北沢レコーディングスタジオの池田洋氏を迎えている。

1. Word for World
2. Neverland
3. またいつか
4. 流木
5. 光